初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

メットライフ生命・Flexi(フレキシィ)をわかりやすく理解する

   

メットライフ生命の2014年9月発売開始の新終身医療保険「Flexi(フレキシィ)」が人気を集めています。

CMでもよく見かけるFlexi(フレキシィ)は、基本となる医療保障に6つのオプショナルコースを選択することができる、自分スタイルで利用することが出来る終身タイプの医療保険となっています。

基本となる補償は、通常の医療保険としての「入院」・「手術」に「先進医療」。そこに追加で「退院後の通院」保障を付加することもできます。

6つのオプショナルコースは以下の通りです。

 

1.うれしい健康祝い金コース

2.7つの疾病入院あんしんコース

3.三大疾病の際には保険料の払込不要コース

4.女性限定!入院保障充実コース

5.まとめてもらえる一時金コース

6.万一の場合の死亡保障コース

 

うれしい健康祝い金コースは、最長90歳まで5年ごとに健康祝金をもらえるというコースであり、月額5000円コースで5年ごとに5万円、月額10000円コースでは5年ごとに10万円をもらうことができます。この特則をつけることにより、保険料は上がりますが、この特則を付けなかった時の5年間で支払う保険料総額と比較してもまったく損をしないため、付加した方がよりお得になるという特徴があります。

ただし、対象期間(5年)の間に基本保障である入院給付金の継続10日以上の支払いがない場合、というのが健康祝金の条件なので、入院給付金をもらった対象期間(5年)には健康祝金を受け取ることが出来ません。

さらに、三大疾病時の保険料払込免除特約は他の保険でもよく見られるものであり、あると非常にお得なので、万が一の際を考えてつけておくといいかもしれません。

万が一の際の死亡保障もあるため、生命保険としての終身保険が必要ありません。終身保険代わりに死亡保障をつけておけば、保険金をそのまま葬式代に回すことも可能です。

その他、それぞれ使い方によって特約を選択できるのがこの医療保険の非常に便利なところと言えます。

つまり、終身医療保険「Flexi(フレキシィ)」は、医療保険でもあり終身保険でもあり、女性保険でもあり、三大疾病によってがん保険などにもなりうるという特徴を備えています。

メットライフ生命は元々保険料の安さにも定評があり、このフレキシィも非常にお得な保険料設定となっています。

十分利用価値がある医療保険と言えるため、これから医療保険を検討している人は、その第一候補として検討してみてもいいかもしれません。

 

関連記事:「フレキシィが2014年9月に発売開始

 

 - 保険の種類, 保険選びと見直し