初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

国民年金 第1号/第2号/第3号被保険者とは

   

日本国民は20歳から60歳まで、公的年金制度に加入する義務があります。将来年金がもらえるもらえないにかかわらず、現在の年金制度の元では現役世代が年金受給世帯を支えていく必要があります。

国民年金では、被保険者を第1号、第2号、第3号被保険者と三種類に分けています。

 

第2号被保険者は公務員や一般の会社員などの厚生年金、共済に加入している人が該当します。厚生年金に加入していることで国民年金保険料も同時に支払っていることとなり、三階建てと言われる年金の中で、将来的には国民年金の基礎部分である老齢基礎年金に加えて厚生年金も受給することが出来ます。

 

第3号被保険者は、国民年金加入者で厚生年金か共済組合に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上、60歳未満の配偶者が該当します。さらに加えて、年収が130万円未満という条件が付きます。第3号被保険者は、自ら保険料を納める必要はなく、配偶者が加入している厚生年金保険料や共済組合保険料から支払われている形となります。年金受給資格としては、一階部分のみとなります。

 

そして第1号被保険者ですが、上記のどちらにも該当しない人、つまりは自営業者や農業者、学生、無職の人などが該当します。国民年金保険料を自ら納める必要があり、年金受給資格としても一階部分のみとなるために、一般的に自営業者や農業者は、会社員と比べてもらえる年金額が非常に少なくなってしまいます。

 

以上を見てもわかるように、自営業者や農業者に保険が必須なのはこの辺りの事情が絡んできます。もちろん自営業だったり農業従事者の場合は定年というものが事実上ありませんが、できれば個人年金保険などを活用しながら、老後の生活基盤が維持できるように備えを万全にしておきたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム