初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

土地建物を相続したが税金が払えない

   

相続に関する税金の悩みは今も昔も変わりませんが、平成27年1月1日より相続税が改正されることにより、さらに今まで以上に相続税についての悩みや戸惑いなどが増えてくる可能性があります。

2014年の世相を表す漢字に「税」という漢字が選ばれましたが、これは2014年における消費増税のことを主に指しているものと思われます。ですが実は、2015年にももう一つの増税が待ち構えています。それが、相続税及び贈与税の税制改正です。(参考記事:2015年相続税改正への対策と保険活用

この相続税と贈与税の改正により、今までは相続税を支払う必要がなかった人も支払う必要が出てくる人が増えるのは間違いない状況ですが、土地建物を相続したのはいいものの、その税金が払えずに結果手放さざるを得なくなるというケースも増えてくる可能性大です。

上記記事に書いたように保険を活用するのも一つの方法ですが、純粋に土地建物を相続することが予想されるのであれば、それとは別にキャッシュも相続できるようにあらかじめ相談しておくか、もしくは自分で相続税分のキャッシュを手元に置いておくようにすれば、土地建物をいざというときに手放さなくても済みます。

相続には常に税金がかかるということを念頭に、その分をしっかり残しておくというのが最も現実的な相続税対策と言えます。

少しでも相続税を減らしたいという目的であれば、それこそ生命保険を利用したり、教育資金贈与信託を活用したり、生前贈与という形でうまく年数をかけて贈与していくという方法もとれますが、その場合はしっかり細かい部分まで考えて手続きをしていかないと、結局間違った形で相続や贈与を行った場合、結局税金がかかるのであれば何の意味もありません。

土地建物を相続したけれども相続税が払えずに結局手放したというケースをできる限り少なくするために、相続税がどの程度かかるのかという点については忘れずにチェックしておきたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム