初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

相続放棄の連鎖による思わぬ債務相続と死亡保険金

   

相続といえば、一般的に親や配偶者から財産や権利を受け継ぐことを言いますが、そうしたプラスの要素だけでなく、マイナスの要素として債権もまた財産と同様に承継することになります。

つまり、家や土地や財産を受け継いだ場合、借金も同時に受け継がなければならなくなるわけです。財産だけ受け継ぎ、借金は放棄するということはできませんので、借金も含めて相続するのか、それとも財産も含めて相続放棄するのかを選ばなければなりません。

そもそも相続人とは、法律上で「法定相続人」として定められており、まずは配偶者、そして被相続人の子供、そのどちらもいなければ祖父母、さらにいなければ兄弟姉妹までが法定相続人となります。

財産ばかりがあるのなら、税金さえどうにかなるのなら喜んで相続すると思われますが、問題は借金が大量にある場合です。誰も借金など相続したいとは思わないでしょうから、財産よりも借金の方が大きい場合、当然相続人としては三ヶ月以内に相続放棄の手続きをしなければなりません。

相続放棄をしてしまえば、その法定相続人は初めからいなかったものとして扱われるため、次の相続順位の人へと相続の権利が移ります。

ここで注意したいのが、相続人が相続放棄をした場合に、回ってこないと思っていた人に対して相続が回ってくるという事実です。しかもこの場合回ってくるのは、まったくありがたくない債務の相続です。

もちろん自分が相続人になったという通知はくるものの、もし気づかないままでいたり気づいていても相続放棄の手続きをとらないまま三ヶ月を経過すると、単純承認とみなされ、債務を相続することになってしまいます。

被相続人の配偶者も子供も相続放棄し、さらに両親も相続放棄した場合、兄弟姉妹に相続が回ってきますが、当人たちはまさか自分たちに相続が回ってくるとは考えていないでしょうから、寝耳に水という可能性も十分あります。そうすると関係ないと手続きを放置してしまうという可能性があり、放置してしまうと債務をそのまま相続してしまうことになってしまいます。

相続放棄の連鎖は、兄弟姉妹までは回ってくると覚えておかなければ、こうしたケースに対応できなくなります。関係ないと思わずに、万が一自分に相続の権利が回ってきた場合は、忘れずに手続きをするようにしたいところです。

 

さて、では相続放棄をした場合に、死亡保険金の扱いはどうなるのでしょうか。

例えば配偶者の場合、相続を放棄するのだから死亡保険金も受け取れないのかというと、そうではありません。配偶者が保険金の受取人として指定されているのであれば、保険金は相続財産ではなく保険金受取人の財産として考えられますので、仮に多額の借金の相続放棄をしても、保険金まで放棄することにはなりません。

ではその保険金の税金はどうなるのかというと、相続放棄しているから相続税はかからないというわけではなく、この場合の保険金は「みなし相続財産」となるため相続税の課税対象にはなります。

相続と保険金については、しっかり把握しておかないと万が一の際にトラブルのもとになりますので、注意しておきましょう。

 

 - 保険あれこれコラム