初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

2015年注目・オリックス生命の終身保険「RISE」

   

2015年に注目したい保険の一つが、オリックス生命の「RISE(ライズ)」です。

2014年に発売開始されたRISEは、貯蓄機能も備えた一生涯保障の終身保険であり、死亡保障もあり、長生きをした場合には一定期間経過後の解約払戻金が高い返戻率で戻ってくるという非常にお得な保険となっています。

途中で解約した場合の返戻金が少なくなる、低解約返戻金型の保険なので、途中での解約ではマイナスになるものの、払込満了後は100%を超えて戻ってくるために、掛け捨てにならずに損をすることがない保険で、かつ長く維持すればするほど払戻金は多くなるという貯蓄性があります。

定期型の保険との大きな違いは、この掛け捨てにならない貯蓄性にあり、多少大きな保険金を支払っても最終的に必ず100%以上となって戻ってくると考えると、まったく損をすることはありません。

もちろん他の貯蓄性がある保険もそうであるように、このオリックス生命終身保険「RISE」も、長期保有によるインフレリスクからは逃れられませんが、そのリスクさえ考えなければ例えば金融機関に貯蓄していくよりもはるかに効率よく資産を増やしてくれる優良保険商品と言えます。

その特徴から、学資保険代わりに活用することもでき、例えば親を被保険者として契約するもよし、もし親に病気の既往歴などがあり告知段階で引き受けしてもらえない場合にも子供を被保険者として契約しておけば、将来的に子供本人にその保険をそのまま渡すこともでき、もし解約せずに保有し続ければ延々と返戻率は上がり続けお金を増やしてくれる資産とすることもできます。

ただの「保険」としての役割だけでなく、そうした金融商品としても活用が可能という意味で、非常に活用幅の広い保険といえます。

例えば30歳男性が、60歳払込終了で月額9240円の保険料を支払っていった場合、払込が満了した31年後61歳時点での払込総額は332万6400円。その時点で解約した場合の返戻金は389万850円。56万4450円のプラスです。返戻率は116.9%。これがさらに保有し続けた場合には、50年経過後の80歳時点では返戻金がなんと454万7450円となり、122万1050円のプラスで、返戻率は136.7%となります。ただ持ち続けているだけでこれだけ資産を増やせるのです。

保険会社自体も、他にも多くの優良保険を販売しているオリックス生命なので安心。2015年に検討したい優良終身保険として、覚えておきたいところです。

 

 - 2014‐2015人気保険ランキング