初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険の意味と目的を考える

      2014/06/07

生命保険に関して、まず第一に考えるべきは、その意味と目的です。

何のために生命保険に加入するのか。何の意味があるのか。保険加入は何を目的としているのか。

この基本がなければ、保険はただただ保険料を支払うだけの、何の意味も持たないただの浪費になりかねません。

生命保険とはそもそも何なのか。何のために加入するのかと自分自身の生活と家族のことなどを考えて、はじめて自分にぴったりの保険形態が見えてきます。

一般的には、保険加入の目的とは、「万が一のための医療費・入院費の保障」が一番に挙げられるそうです。これは生命保険ではなく、医療保険に加入する目的と言えます。

続いて「家族の生活保障のため」、「葬式費用に充てるため」。こちらは生命保険加入の目的です。

そして「災害や事故に対する保障として」という内容が上がってきます。これは損害保険に加入する目的となっています。

ひと昔前と比べて、30代以上の独身率も高くなってきているため、家族のためというよりも自分自身の病気や怪我の際の入院費や治療費のためという医療保険加入が第一目的となっていますが、つまりは人生における場面場面で必要な保険はその都度変わり、保険加入の目的も変わってくるのです。

保険は、一度決めて加入したら一生そのまま変更する必要はない、というものではないということを覚えておきたいところです。

今決めて加入した保険が、10年後にはまったく必要なくなっているかもしれません。逆に今は必要なかった保険が数年後に必要になっている可能性もあります。

就職、転職、結婚、出産、マイホーム購入、独立、離婚、子育て、退職、定年後など、簡単に考えてもこれだけの転機が人生にはあります。

長い人生の数多くのリスクに対する対策を立てるため、万が一の保障を持っておくために、保険を正しく有効活用していきましょう。

 

 - 保険あれこれコラム