初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険の仕組みについて学ぶ

      2014/06/07

生命保険はどうやって成り立っているのか、そもそもの基本を考えてみたいと思います。

保険に加入した場合、保険料を月払いもしくは一時払いで支払う必要が出てきます。保険会社は、その生命保険加入者から集めた保険料を運用し、加入者に万が一の事態が発生した場合の保険金の原資とするべく準備をします。

つまり、もし自分に何かがあった時に保険会社から支払われる保険金は、自分以外の保険加入者たちに支えられているわけです。

逆に自分以外の保険加入者に何かあった時は、自分が支払っている保険金が活用され、その名前も知らない誰かのために利用されます。

生命保険とは、そうしてお互いが助け合う精神・相互扶助の精神が根底にあるのです。

貯蓄型の保険であれば最終的に自分に払い込んだ額のほとんどが戻ってきますが、掛け捨てタイプの定期保険などは、自分が保障期間内ずっと健康な生活を送れた場合、払い込んだ保険料は戻ってきません。一見、万が一に備えても何もなければ損をしてしまうような印象もあるでしょうが、期間内の保障を得られていたわけで、決して損をしているわけではありません。

同時に、自分以外の誰かが不幸に見舞われた場合に、自分が払い込んだ保険料はしっかり有効活用されているのです。ただ、対象者が自分だったか他の誰かだったかの違いです。何もなく健康に保証期間内を生活することができたのであればそれは喜ぶべきことです。

人は誰しも健康で長生きをしたいと望むと思いますが、そのようにうまくいくかどうかもわからない人生の中で、大きなリスクに対する準備をしておくのが生命保険です。

そしてその万が一の準備は、自分だけでなく自分の家族をも巻き込んだものなのです。

しっかりと保険を理解して、自分のために、そして家族のために保険を活用しておきましょう。

 - 保険あれこれコラム