初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

孫は法定相続人になれるのか/意外と知らない相続順位

   

2015年は、相続について注目を集める一年になりそうです。

相続税・贈与税の税制改正により、例年よりも注目を集めている相続税・贈与税対策。正しく内容を把握しておかないと、無駄に税金を支払わなければならなくなる可能性もあり、しっかりと対策を早め早めに立てておくのが、最良の税金対策になります。

そんな中で、「法定相続人」の定義についても、改めて注目が集まっています。

相続とはすなわち、財産や権利・義務などを、包括的に承継することであり、法的にその権利があると定められている人のことを「法定相続人」と言います。

では、その法律的に定められた、相続する権利がある人とは誰なのか、というところが気になるところではないでしょうか。

一般的に考えれば簡単なようで、意外と知らない人が多いのも事実です。

まず当然のことながら、第一に相続の権利を有するのは「配偶者」です。
相続において最も強い権利を有し、他の誰よりも優先されます。順位づけもされません。

次に相続の権利を持つ、相続順位としては第一位に当たるのが、「子」になります。

被相続人に妻と子が存在する場合、まず妻に二分の一が相続され、子に残りの二分の一が相続されます。この場合、もし子が二人いる場合は二分の一をさらに二人で分ける形となります。

ここで相続が完了すれば何の問題もないのですが、もし妻がいない場合はそのまま子に全額が相続され、もし子供が二人であれば二人で相続分を半分ずつという形になります。

仮に子がすでになく、孫が存在する場合は「代襲相続」され、孫に相続する権利が発生し、親が相続するはずだった割合分をそのまま相続できます。

逆に、配偶者は健在で子供がいなかった場合は、相続順位としては第二位にあたる直系尊属、つまり被相続人の親に相続の権利が移ります。その場合の割合は、妻に三分の二、親に三分の一です。

もし親もすでになかった場合は、最後の第三位に権利が移ります。
被相続人の兄弟がそれにあたります。この場合の割合としては妻に四分の三、兄弟に四分の一です。仮に兄弟もすでにいなかった場合はその子、つまり被相続人から見るとおい・めいが第三順位の相続人となります。この場合の割合は同じく四分の一です。

相続順位が法律的に定められているのはここまでなので、そもそも孫の場合はそのままでは相続する権利はありません。例外的に上記にあるように本来の法定相続人である子がすでに亡い場合に限り、代襲相続により孫に相続する権利が発生する場合のみです。

孫に相続させたい、もしくは孫側が祖父母の財産を相続したいと考えているのであれば、遺言書を作成するか、もしくは相続ではなく生前に贈与という形で受け取っておく必要があります。

相続のこうした順位は知っているようで知らないこともありますので、改めて確認しておきましょう。

 - 保険あれこれコラム