初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

かんぽ生命の保険は安いのか

   

かんぽ生命といえば、日本全国の郵便局で取扱いがあるため、もしかするともっとも日本人にとって親しみのある生命保険かもしれません。

総資産ランキングでは日本生命を抑えての第一位であり、取扱いチャネルとしても郵便局のネットワークを日本中に持つことから、大手生命保険会社よりもはるかに多くの受付窓口を持ちます。

それだけ大きな保険会社ということは、単純に最大手であるがゆえの「安心」が得られますし、日本生命や第一生命、明治安田生命などの大手生保と比較すると保険料も実は格安の水準となっています。

そういう側面を見ると、保険はやっぱりかんぽ生命がいい、と思う人が多くても仕方ありませんが、かんぽ生命は本当に安いのかという点については一考の余地があります。

かんぽ生命は、日本郵政グループの中ではゆうちょ銀行とともに稼ぎ頭となっていますが、その保険は冷静に比較検討してみるとそれほど優れた保険というわけではないようです。
日本生命や明治安田生命などの大手生保と比較すれば安いものの、昨今人気を集めている本当に優良な保険を販売している保険会社と比較するとやはり割高です。

例えばオリックス生命保険と比較した場合、定期保険「Bridge(ブリッジ)」は30歳男性で保険金額を1000万円とした場合、月あたりの保険料は1310円です。しかしかんぽ生命保険では、同じ条件で保険料は3000円です。つまり倍以上です。

保険のパターンも少なく、定期保険では保険金額は最大で1000万円までで、一般的な生命保険としては少額です。保険料払い込みや更新についても10年満了となっており、その都度更新が必要になります。更新する場合はその更新時の年齢に応じた保険料が再度かかってくるため、毎回保険料は高くなっていきます。

そういう意味では、いくら身近で親しみやすいとはいっても、安易にかんぽ生命ばかり利用するのは考えものです。必要な保障額がどれくらいなのか、足りない分はどこで補うのかなどまでしっかりプランを立てた上でなお、かんぽ生命保険を利用したいということであれば特に問題はありませんし、大手であるがゆえの安心感は得られるかもしれませんが、金銭的に少しでも保険料を抑えたいと考えるのであれば、しっかり他の保険会社(大手生保以外)との比較も実施した上で利用するようにしたいところです。

 - 保険あれこれコラム