初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

身近にがん経験者がいるとがん保険は必須と思える

   

がん保険は本当に必要なのか、悩んでいる人も少なくないと思われます。

日本人の半数ががんになる、と言われると、がん保険はやはり必須であると思えますが、実際のところ日本人が長生きになっているからこそ高齢になってがんに罹患する人が増えたという側面もあり、あながち若いころからがんになる人が増えているわけではないという点には注意する必要があります。

とはいえ、身近にがんの経験をしたことがある人がいたり、もしくはがんになったことがある人を知っているという人が近くにいたりすると、その苦労話などからがん保険の必要性がなおさら感じられることと思います。

事実、がん保険があるかないかでは大きく違い、先進医療特約などにより治療方針にも影響が出てくる可能性もあるため、あるに越したことはないというのは間違いないといえます。

ただ、考えるべきは費用対効果であり、がん保険の保険料を支払い続けるという事実と、がんに罹患するリスクおよび治療にかかる費用などをしっかり把握しておけば、正しくがん保険を活用することが出来ると思われます。

必要もないがん保険に入ったり、がん保険に入っては見たものの保障内容が考えているものと違ったりすると、何の意味もありませんので、まずはどういう事態に対処できるようにしておきたいのか、がん保険とはいっても診断給付金タイプと入院給付金タイプなど、いくつかの種類があって、保険金が給付される条件がそれぞれ違いますので、しっかり確認をしておきたいところです。

がん保険を必要ない、と言い切れるのは、高額療養費制度などでまかないきれないような治療費が発生した場合に、特に苦労することなく払いきれる人くらいのもので、一般的な生活水準の人にとっては万が一の備えになることは間違いありません。

保険料と相談しながら、貯蓄しておく方がいいのか、しっかりがん保険に備えておいた方がいいのか、考えてみたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム