初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

オリックス生命・死亡保障付医療保険「Relief W(リリーフダブル)」の魅力

   

優良保険を数多く販売するオリックス生命の、死亡保障付医療保険「Relief W(リリーフダブル)」です。

死亡時の保障も必要だけど、入院してしまった場合などの保障や七大生活習慣病にかかってしまったときのことも考えておきたい、という人向けの保険となっています。もちろん、生命保険と医療保険を分けて考えてそれぞれ別に契約するのも一つの方法ですが、このリリーフダブルの場合は一つの保険で両方の機能を備えています。

基本保障として、入院日額3000円・5000円・10000円コースを選択することが出来、死亡保障はその入院日額の500倍、つまり150万・250万・500万円となっています。

同時に、手術給付金も基本保障に含まれており、特約として先進医療特約を付加することができます。

保険料払込期間は、60歳・65歳・終身から選択できますが、定期保険などと違い、60歳・65歳払込済みにしてもその後の保障は一生涯続きます。そのため、保険料払込期間が短いほど保険料は高くなります。

終身払いでは解約返戻金はなしとなっており、60歳・65歳払込にしても保険料払込終了後に解約した場合のみ返戻金があるものの、入院日額の10倍しか戻ってこないため、そのまま保障を継続した方がメリットがあり、解約する意味はほとんどありません。つまり解約返戻金はないものと考えた方がいいでしょう。

死亡保障がある分、保険料は通常の医療保険と比べればかなり高めになっていますが、死亡保険と医療保険を別々に申込みすればそれなりの金額になると思えば気にならないかもしれません。

需要の多い「がん」に対する保障としては、がんだけに特化しているわけではないため診断時の一時金などはないものの、七大生活習慣病に対する入院保障が手厚くなっており、かつ先進医療に関する特約も付加できるため、ある程度は安心できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ただし、保険の見直しをその都度していくという観点からすれば、死亡保障と医療保障がセットになっているために、見直しは実施しにくいという弱点もあり、その点についてはよく考える必要があります。

Refief Wのみを申込みする方法もありますが、医療保険に新Cure、死亡保障にBridgeやFineSave、またはRiseという方法もあり、どちらがより求めている保障があるのか、しっかり検討してみましょう。

 

 - 2015‐2016年人気保険ランキング