初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

学資保険は契約者の死亡保障でもある

   

子供が生まれて学資保険に加入するべきか、それともインフレリスクなども考慮して動かせる資金は手元に残して「子供貯金」として自分で資金を保有しながら運用益を出すように工夫してみるのか、いろいろと悩みどころだと思います。

何より学資保険に加入すると、一時払いをしない限りは長期にわたって保険料を毎月支払っていく必要があり、状況によってはその保険料の負担が生活を圧迫してしまうこともあるかもしれません。

そのため、あえて学資保険に加入することはせず、その分の資金をしかるべき運用方法で動かし、利益を出していくという方法は十分検討に値すると思います。

ただその前に一つ、考えるべきことがあります。

学資保険には、学資保険という名前の裏に、実は保険契約者である親の死亡保障も隠れているのです。

学資保険の多くは、保険契約者が万が一死亡した場合、以後の保険料は免除され、さらに保障内容はそのまま継続されます。

つまり学資保険は、親の死亡保険金と近い意味合いをも合わせ持ち、払込免除になった場合はより多くの金額がプラスになる仕組みになっているのです。通常の死亡保障としての定期保険や終身保険、収入保障保険などと同じように学資保険も、ただ利率のいい貯蓄というだけでなく、万が一の備えにもなるのです。

そう考えると、学資保険において考えられるデメリットとしては途中解約リスクくらいのもので、毎月の生活費を圧迫しないレベルであれば、契約をしておいてもまったく損をすることはありません。

額面で言えば支払った金額以上の金額を将来的には必ずもらえる保障がありながら、親の死亡時の保障もあると考えれば、加入しない理由がないといえます。

子供が生まれたらまずは学資保険、しっかりと人生の節目として申し込み忘れなどがないようにしたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム, 保険の種類