初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

ドコモより「ドコモのペット保険」がスタート

   

2015年4月1日より、ケータイキャリア最大手のNTTドコモより、「ドコモのペット保険」が開始されます。

アイペット損害保険を引受会社とする「ドコモのペット保険」は、ペットを家族としてとらえるドコモのコンセプトの一部として、現在展開されているペット向けサービスの「ペットフィット」に続くペット系サービスとして展開するようです。

ペットが怪我や病気をしたときには、その治療費は100%実費がかかってしまいます。これは人と違って公的保障がないためであり、万が一の際に治療や手術をしたくても、負担金額がかなり大きくなってしまうこともあります。

そんなときに備える保険として人気を集めているのがペット保険であり、ドコモのペット保険では入院費、治療費、手術費を補償してくれる「トータルケア」と、手術にのみ特化して補償してくれる「手術ケア」の二種類を用意しています。

負担額は、トータルケアの場合が70%補償と50%補償の二種類があり、治療費手術費の負担額が3割、もしくは5割で済みます。

手術ケアの場合は、手術費と手術を含む連続した入院に対する費用を90%補償してくれるため、負担額は1割で抑えることができます。

保険料はペットの種類や大きさ、年齢などによって異なりますが、トータルケアで月々2040円から、手術ケアで760円からとなっています。

通常は保険金の請求をする必要がありますが、ドコモのペット保険のトータルケアでは、アイペット損保が提携する動物病院であれば診療後に窓口での精算をすることができ、わざわざ保険金請求をする手間がかかりません。

申し込みはドコモの保険らしく、スマートフォンから簡単に手続き可能となっており、保険料についてもケータイ料金とまとめて支払いが可能となっています。docomo IDを取得していれば、ドコモ以外のユーザーでも利用可能となっており、au、ソフトバンク利用中でも申し込みすることもできます。

ペット保険には各種様々な保険があり、ケータイキャリアとしてはauが、「あうて」au損害保険でペット保険の取り扱いをしています。今現在利用しているケータイに合わせてペット保険を検討してみてもいいかもしれません。

 

 - 保険の種類, 保険ニュース