初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

本当にがん保険は必要ないのか

   

生涯のうちに日本人の半分が罹患するという悪性新生物(がん)。だからこそ、がん保険は万が一の際に必ず必要、という意見の裏で、がん保険は必要ないという意見も根強くあります。

実際のところ日本人の場合、協会けんぽや国民健康保険によって、ある程度の医療費は補われるため、驚くほどの金額が治療費として必要になる、ということはありません。よって、必ずしもがん保険に加入していなくても、特に早々困ることはない、というのが「がん保険は必要ない」という場合の意見です。

日本人の多くがかかるといっても、その大部分がある程度の年齢をすぎてからの発症であり、40歳までにがんにかかる確率など、ごくごくわずかでしかありません。よって若いころからのがん保険は、必要ないということです。

これはこれで決して間違いではありません。それを受けてがん保険がいらないというのであればそれはそれでいいのでしょう。

しかし忘れてはいけないのは、「若いうちからがんにかかる人もいる」という事実です。確率は確かに低いです。しかし、0ではないのです。0ではないからこそのがん保険なのです。

保険の本質は、「万が一」の際に対応できるように、というところにあります。

「万が一」、若いころにがんにかかってしまったら、いくら公的保障によってある程度守られるとはいえ、入院にかかる差額ベッド代や公的保障がきかない先進医療、入院している間の家族の生活など、予想以上の出費に苦しめられます。

「がんになってみたら、予想以上に治療費がかかった」という人はいても、「予想より安くすんだ」という人はあまりいないはずです。

そして、がんにかかった人で「がん保険は必要なかった」という人は皆無であるはずです。

「本当にがん保険に入っておいてよかった」

そんな意見ばかりです。それはすなわち、起こるはずがないと思っていた「万が一」にたまたま遭遇してしまったけれど、がん保険という備えがあったから治療に専念できた、ということです。

確率は低い、だから必要ない。これはこれで正しいのですが、しかし万が一、自分がその低い確率の中の一人として当たってしまったなら。

そんな「万が一」ときのことまで想定したうえで、がん保険は検討しておきたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム, 保険の種類