初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

ライフネット生命がKDDIと資本提携

   

ライフネット生命が、KDDIと資本提携をしたというニュースが飛び込んできました。

KDDIは言わずと知れた通信業界大手であり、auブランドで自社ユーザーを3000万人近くも持っています。その自社ユーザーに対してライフネット生命の生命保険や医療保険を訴求することでさらなるKDDIブランドとしての利用シーンを広げ、利便性も向上させることができるようになります。

ライフネット生命としては、インターネットによる保険販売によりシェアを伸ばしてきており、ネット系生保などと言われていますが、その販路をさらに拡大するために、KDDIの持つauというブランド力とインフラによって、今後の伸びを期待できます。

お互いがお互いを補完し合い、相乗効果を上げていこうという狙いがあり、思惑が合致したところでの今回の提携と思われます。

例えばauのスマホ料金と生命保険料支払いを合算したり、申込みを今まで以上に簡単にスマホからできるようになる可能性もあり、今回の提携によって今まで以上にできることが増えるのは間違いないと思われます。

auユーザーで保険を検討している人はそのままライフネット生命を第一に検討候補とすることもできますし、逆にライフネット生命に加入している人は、ケータイスマホをauで検討してみてもいいでしょう。

今までau損保「あうて」が取扱いしていた自動車保険やペット保険だけでなく、本格的な生命保険や医療保険なども含めて、ケータイ/スマホと保険がコラボする形となります。

損害保険を取り扱う「あうて」と生命保険会社であるライフネット生命では、その商品ラインナップ自体も重複することもなく、それぞれがそれぞれの目的に応じて選択できるようになります。

ケータイだけでなく、保険までも網羅したキャリアとしてKDDI auは今後進化していくことになりますが、同じようにケータイ業界最大手のNTTドコモなどもこの動きに追随してくる可能性もあり、今後の動きにも目が離せません。

ただ、忘れないようにしたいところとしては、どの会社が販売していようが、どの会社とコラボしていようが、一番大事なのは保険商品そのものなので、その保険が本当に自分の目的を満たしてくれるのか、auだから、ドコモだから、などのブランドには左右されないようにしたいところです。

 

 - 保険ニュース