初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

終身保険の失敗談まとめ

      2015/07/19

生命保険の中でも終身保険に加入したものの、失敗した、こんなはずじゃなかった、というケースをまとめてみました。

終身保険は、生命保険の中でもメジャーな保険であり、一生涯保障してくれるということで、自分が死亡した時に必ず保険金がもらえる保険として、葬儀代用に充てるために利用するなど、幅広く利用されている保険です。

ただ、解約をした時も返戻金があるなど、かなり利用者にとってメリットのある保険のため、保険料に対する保険金はそれほど多くなく、終身保険でそれなりの保険金額をもらおうと思うと、定期保険などと比べて毎月の保険料がかなり高額になってしまうという注意点があります。

スポンサードリンク

終身保険の失敗談1

「それほど高くない保険料で数千万円の保険金が出る終身保険と聞いて加入したものの、ある一定の年齢を超えると、支払われる保険金は数百万円程度に減ってしまう保険だった」

終身保険における失敗談で最も多いと思われるケースはこのケースです。いわゆる「定期保険特約付き終身保険」という保険に加入するとこうした事態が起こりえます。

保険の初心者には非常にわかりにくい保険であり、要注意が必要です。一般的な終身保険ではこうしたケースに陥ることはありませんが、保険加入時に保険金額などは納得いくまで確認しておきたいところです。

 

終身保険の失敗談2

「定年になったら収入が年金だけになってしまうのに、一生涯保険料を支払っていかないといけないなんて聞いていない」

保険料の支払いには期間を決めて支払いを終わらせる「有期払い」と、もう一つ一生涯保険料を支払い続ける「終身払い」があります。契約の際に、保険料の支払いをどういう方法にするのかは決めることができますが、あいまいなまま話をすすめると、ここでつまづく可能性があります。

終身払いの場合は定年を迎えてからも保険料を支払い続けなければならない反面、毎月の保険料が安く抑えられます。一方で有期払いの場合は、保険料は若干高くなるものの老後は保険料の支払いもなく、ただ保険の恩恵に与ることができるというメリットがあります。

目的を明確にし、どちらがいいのかはしっかり選択するようにしましょう。

 

終身保険の失敗談3

「途中で解約をしたら、払込をしてきた額よりもかなり少ない金額しか解約返戻金がもらえなかった。」

最近人気を集めている終身保険に、「低解約返戻金型」の終身保険があります。「低解約返戻金」とは読んだままの意味で、解約返戻金を満期までは安くすることによって、保険料を抑えている終身保険のことを指します。保険料が非常に安くなるために大きなメリットがある終身保険ですが、途中で解約をした場合は本来もらえるはずの利率よりもかなり低い利率でしか返戻金がもらえませんので、そこは契約時にしっかりと確認しておかないとトラブルにつながります。

低解約返戻金型の終身保険を利用する場合は、途中では絶対に解約しないという気持ちで契約をする必要があります。

 

終身保険は、ほとんどのケースで解約返戻金が戻ってくることもあり、うまく利用すればほとんど損をすることなく利用することが出来ます。使い方によっては学資保険代わりにしたり、相続税対策として活用することもできます。

失敗した、こんなはずじゃなかった、というケースは、ほとんどが事前の確認不足によるものなので、加入しようとしている保険のことを完全に理解した上で、自分の目的に合致しているのか検討した上で契約するようにしましょう。

 

 - 保険選びと見直し