初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

2015年6月1日より「自転車運転者講習制度」開始で注目される自転車保険

   

自転車による重大事故が後を絶ちません。

それを受けて2015年6月1日より、悪質・危険な自転車運転への対策として、「自転車運転者講習制度」がスタートしました。

自転車運転時の危険行為として14類型が提示されています。

 

1.信号無視、2.通行禁止違反、3.歩道者用道路における車両の義務違反(徐行違反)、4.通行区分違反、5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害、6.遮断機が下りた踏切への立ち入り、7.交差点での安全進行義務違反等、8.交差点での優先者の妨害等、9.環状交差点での安全進行義務違反等、10.指定場所での一時不停止等、11.歩道通行時の通行方法違反、12.ブレーキの不良な自転車の運転、13.酒酔い運転、14.安全運転義務違反

 

以上の危険行為による取り締まりまたは交通事故を三年以内に2回以上繰り返して行った場合、自転車運転者講習の受講が義務付けられます。受講時間は約3時間で、受講手数料は5700円となっています。従わなかった場合は5万円以下の罰金となります。

自転車による危険事故の増加を受けての講習制度となりますが、事故の規模によっては自転車といえども加害者被害者ともに人生を大きく狂わせてしまうほどの影響が出てしまうこともあります。実際に自転車事故で加害者側に多額の賠償金請求判決がおりた判例もあり、万が一の際の「自転車保険」はここにきて再度注目を集めています。

たとえ自転車保険に加入していなかったとしても、自転車保険代わりとして個人賠償責任保険に加入しており、しかもその適用範囲が家族に及んでいる場合は、それだけでも万が一の際の備えにはなります。

自動車保険などに付帯している場合もありますので、一度確認をしてみて重複しないようにしておきましょう。

もし自転車運転をする家族がいるにも関わらず保険加入していない場合は、あらかじめ準備をしておきたいところです。もちろん、それで安心することなく、まずは安全運転を心がけるようにしましょう。

 

 - 保険ニュース