初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

車両保険の有無で自動車保険の保険料はかなり変わる

   

知り合いに自動車保険(任意保険)の保険料をどれくらい払っているのか聞いてみたら、思いのほか安くてびっくりした、ということはないでしょうか。

任意の自動車保険は、強制加入の自賠責保険だけではまかないきれない万が一の際の補償として必須の保険ですが、保険の組み方によっては保険料がかなり高額になることもあります。

いったいどの部分で保険料が高くなっているのかを確認すると、大きな影響を及ぼすのは「車両保険」の部分ということがわかります。自動車保険の保険料をかなり抑えることが出来ている人の大きな特徴としては、この車両保険に加入していないということがほとんどです。

例えば、中古車で安く購入した自動車に乗っている場合など、万が一修理が必要な故障が発生したとしてもその分を自費で修理したり、高額になるようならむしろ買い替えてしまうつもりでいるのなら、車両保険に加入しない方が安く済んでしまうケースがあるわけです。

そのため、自動車保険に加入する際や更新の際に、「車両保険」をどうするかは真っ先に検討する必要があります。

逆に新車で高級車に乗っているという場合は、修理費用がかなり高くついてしまう可能性もあるため、車両保険に加入していた方が安心というケースもあります。ただしその分、保険料は高めになります。

まず考えるべきは保険料の安い高いではなく、自動車に対する補償をどうするか、ということであり、その結果保険料が変わってくると考えた方がいいかもしれません。

 

さらに注意点として、仮に車両保険に加入している状態で自損事故を起こしてしまい、保険を利用して修理をした場合、「等級」に影響があります。保険を利用するとまずこの等級が3等級ダウンします。これにより翌年より保険料が若干上がります。加えて、3年間は「事故有り等級」となるため、こちらでも保険料が上がります。

つまり、「事故有り等級」の「3等級ダウン」ということで、3年分の保険料増加分がもし、修理代金よりも高くなるようなら、保険を利用せずに自費で修理した方が得、ということになります。車両保険に加入しているからいつでも何度でも保険で修理してもらえばいい、というわけではないので、その点理解しておきたいところです。

 

 

 - 保険の種類, 未分類