初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険NEO」

      2015/07/19

東京海上日動あんしん生命は、人気のがん保険「がん治療支援保険」を進化させた「がん治療支援保険NEO」を2015年7月2日より販売開始しました。

がん治療支援保険は、主契約に「診断給付金」と「がん入院給付金」を据え、「がん手術特約」、「がん通院特約」をセットとするがん保険です。

特徴として、「初期のがん」でも診断給付金が出るということで、非常に安心できる保険となっています。この「初期のがん」の中には「上皮内がん」も含まれており、仮に上皮内がんを繰り返した場合でも、診断給付金はその都度受け取ることができます(2回目以降の診断給付金は、前回の診断給付金支払い事由該当日から2年以上経過していることが条件)。

その他、「先進医療特約」や、「抗がん剤治療特約」などを選択することができるようになっており、自分の要望に沿ったがん保険を組み立てることもできます。

そのがん治療支援保険をさらに進化された「NEO」は、その特徴として医療技術の進歩によって変わってきているがん治療に合わせたものとなっています。

スポンサードリンク

特徴として、「抗がん剤治療特約の改定」、「悪性新生物初回診断特約の新設」、「上皮内がんの診断給付金支払いの改定」が挙げられています。

抗がん剤治療特約の改定では、対象となる抗がん剤の範囲を拡大し、保険料を引き下げてあります。これにより、長期にわたる抗がん剤治療の金銭的負担を軽くすることができるような設計になっています。副作用が心配な抗がん剤ですが、昨今副作用をできる限り抑えられる抗がん剤なども増えてきており、それらを利用する際にこの特約が役に立つものと思われます。

悪性新生物初回診断特約については、基本保障となる診断給付金に追加し、がんと診断された初回に給付金を増額します。料金設定も低廉に抑えてあります。

上皮内がんの診断給付金支払いの改定については、昨今の治療実態を踏まえ、高額な治療費がかかる可能性が極めて低い上皮内がんについては、診断給付金の支払いを保険期間を通じて1回のみとしています。その代わり、他の特約や保険料を手厚くしている形です。

求める内容に応じて設計できるところも大きなポイントであり、一度見積もりをしてみてもいいかもしれません。

同時に発表された「がん診断保険R」とともに検討してみましょう。

 

 - 2015‐2016年人気保険ランキング, 保険ニュース