初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

東京海上日動あんしん生命の新がん保険「がん診断保険R」

      2015/07/18

今までにない画期的な医療保険として人気を集めている東京海上日動あんしん生命の「メディカルKit R」

「R」の意味合いとしては、「Return」と「Reserve」の意味が込められており、つまり払い込んだ保険料が全額「Return(戻ってくる)」、さらに保険料は一生涯変わらず「Reserve(予約する)」ということです。

その「R」を引き継いだ新しいがん保険が登場しました。2015年7月2日より販売開始された、「がん診断保険R」です。

スポンサードリンク

一般的ながん保険であれば、がんにかかることがなければ保険料はそのまま掛け捨てとなります。診断給付金も一度も受け取ることなく生涯を終えることだって十分ありえます。

それが通常のがん保険の形であり、万が一に備えるがん保険のあり方でもあるのですが、「がん診断保険R」については、70歳までに健康で一度も診断給付金の受取りがなかった場合、払込みした保険料がなんと全額、健康還付給付金として戻ってくるのです。

仮に70歳までに診断給付金の支払いがあった場合でも、その金額を払込みした保険料が上回っている場合はその差額が戻ってくるという嬉しさ。

つまりは70歳までに払い込んだ保険料が戻ってこないことはない、ということです。

 

さらに、手ごろな保険料で一生涯の保障がReserve(予約)されるということで、70歳時点で健康還付給付金を受け取った場合でも、診断給付金を受け取ったことがあったとしても、保険料はそのままで保障をそれ以後も一生涯継続して利用し続けることができるのです。

基本保障には診断給付金と健康還付給付金の特則を用意し、要望に応じてがん入院特約やその他「がん治療支援保険NEO」と同様の「抗がん剤治療特約」や「悪性新生物初回診断特約」などが利用できるようになっています。

 

これだけ条件がいいと、さぞかし保険料は高いのだろうと思うと思いますが、実際のところはそれほどでもありません。

仮に診断給付金を100万円とした場合の30歳男性の保険料は、悪性新生物初回診断特約と抗がん剤治療特約を付加した状態で月額4204円です。同じ条件で診断給付金が200万円の場合の保険料は月額7278円となります。

 

R20150706_1

 

がん保険といえばアフラックやAIG富士生命の「がんベスト・ゴールドα」、オリックス生命の「Believe」などが人気ですが、その二強を猛追してくる可能性すら感じられる優良がん保険といえそうです。

一度、現在加入しているがん保険と比較して、見直しをして検討してみたいところです。

「がん診断保険R」をもっとよく知りたい場合は、がん診断保険Rの注意点・デメリットとは」も参考にしてみてください。

 - 2015‐2016年人気保険ランキング, 保険の種類