初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

インターネット申込みと対面窓口申込みでは保険の内容が違うのか

   

昨今、各種保険会社によっては、インターネット申込みや郵送申し込みが簡単にできる保険が増えてきています。

インターネットのホームページを見れば、その保険の内容が詳しく記載してあり、詳細を読み込めばある程度の内容は理解できるため、その内容に沿って保険の申し込みをインターネットや郵送で簡単に済ませることができるわけです。

これはこれで非常に便利でユーザビリティに優れているといえますが、実は、営業担当を介したり代理店などの販売窓口で同じ保険を申込みする場合、インターネットや郵送申し込みではできなかった詳細なカスタマイズができることがあるということはあまり知られていません。

 

インターネットや郵送申し込みの場合、保険の内容を極力わかりやすくシンプルにして紹介してあるため、カスタマイズ性よりもわかりやすさ重視で保険を用意してあることが多いのです。

ただ逆に、対面での販売窓口や営業担当が販売をする場合には、一人ひとりユーザーごとに細かいニーズに対応し、多種多様なプランを案内することが可能となるために、インターネットや郵送ではできなかったカスタマイズが可能となり、場合によっては非常にそれが有用なポイントになったりすることもあります。

 

たとえばある保険では、インターネットや郵送では三大疾病罹患時のP免(保険料免除特約)を付加することができない仕様となっていますが、対面窓口ではそれが可能となります。

たとえばある保険では、インターネットや郵送では解約返戻金がない掛け捨て型のプランしか紹介されていませんが、対面窓口では貯蓄性がある解約返戻金があるプランも申し込みが可能です。

 

そうした違いを踏まえて考えると、必ずしもインターネットや郵送が手軽だからという理由で申し込みをするのも考えもので、とりあえず一度窓口に足を運んで、インターネットではこういう案内がしてあったが、他にもっとカスタマイズができないのか、ということを保険の窓口などで確認した上で申し込みを決めてもいいのかもしれません。

 

保険の見直しは、全国各地のほけんの窓口で!


 - 保険選びと見直し