初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

団体信用生命保険とは

      2014/06/07

団体信用生命保険とは、よく「団信」と略される住宅ローン関連の生命保険です。

例えば、住宅を購入した際に住宅ローンを組むと思いますが、その返済途中でのローン返済者(被保険者)の死亡に備えるための保険となっています。

通常の保険と違うのは、金融機関が保険契約者かつ保険金受取人となっていて、生命保険会社を保険者、ローンの借り手を被保険者とした保険契約であり、仮に被保険者である一家の大黒柱が倒れたとしても、住宅ローンの残額はその保険から出るため、遺族への支払い負担がまったくなくなるという大きなメリットがあります。

基本的には、住宅ローンを契約する際には原則として加入する形となります。健康診断書の提出や医師の診断は不要ということですが、そもそもこの保険に加入できない場合はローン自体が組めない可能性もあるようです。

住宅購入時以外には加入することができない保険でもあり、契約タイミングとしては住宅ローンの契約時に同時に契約を行うようです。

考え方によっては、長年の住宅ローンが被保険者の死亡によってなくなった場合、家のみが遺族に残るために、この団信だけでも他の定期保険などの保険料の役割を果たすとも言えます。

死亡保険金の他に住宅が財産として残るのであれば、仮に定期保険の金額がそれほど大きくなかったとしてもその後の生活資金として住宅自体を活用することもできるようになります。つまりは残された家族の必要保障額が、住宅ローンがなくなることで大きく変わってくるわけです。

万が一の場合の保険として、非常に助かる有用な保険と言えます。それを踏まえながら、他の生命保険なども考えていくようにしましょう。

 - 保険の種類