初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険と共済の違いとは

      2014/06/07

共済とは、正式には共済組合と言い、相互扶助を目的としてある団体に属する人たちがそれぞれに掛け金を出し合い、何らかの事故があった場合にその掛け金の中から保障を受けることができるという発想のシステムです。保険との名称の違いとして、保険料は掛け金、保険金は共済金と言われます。

内容はほぼ保険と同じような内容であり、死亡保障や医療保障など、保険よりも単純でわかりやすく、さらにはそもそも営利を目的としていないために保険と比べるとより安価で保障を得ることができるという点が加入者(組合員)のメリットと言えます。

代表的な共済としては四つ。JA共済、全労済、都道府県民共済、CO・OP共済です。それぞれその組合員向けに提供されるサービスなので、共済に加入するためにはまずはその組合員とならなければなりません。その際に、一定の出資金を支払うことで、組合員となることができます。

保険と比較した場合の共済の大きなメリットとしては、やはり掛け金の安さが挙げられます。

デメリットとしては、保障額の少なさや特約などの種類の少なさなどで、どうしても色んな分野での手厚い保険を必要とする場合には物足りなさが出てくる可能性があります。

ですので、その場合は共済に加入しながら、その足りない部分を保険で補うという使い方になってくるかと思われます。

共済にしても保険にしても、大まかな内容は近いものがありますので、細かく吟味して自分にもっとも適したものを選び抜く必要があります。

 - 保険の種類