初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

「マイナンバー保険」の取り扱い開始?/損保ジャパン日本興亜

   

いよいよ2015年10月より、マイナンバー制度による「個人番号通知」が始まります。

日本に住民票がある全国民に向けて発送される通知カードには、12桁のマイナンバーと基本4情報(氏名、住所、生年月日、性別)が記載されており、税制面での手続きの簡易化等が期待されています。

ただ、マイナンバー制度は現時点で、そのメリットよりもリスクの方が完全にクローズアップされており、リスクの大きさゆえに導入を否定的にとらえる世論がつくられてきています。とはいえ、今更「やめた」というわけにはいかないらしく、粛々と準備は進められているようです。

将来的には様々な個人情報をマイナンバーと紐づけすることにより、システム上の管理を容易にしていこうという思惑もあるようですが、一方で個人としては漏えいリスクが高まり、様々な個人情報を不正利用されてしまう恐れが出てきますし、マイナンバーを扱う企業側にも厳格な管理が求められ、万が一漏えいしようものなら厳しい罰則が科せられてしまうという今までになかったリスクを強制的に負わされる形となります。

それを受けて今回、損保ジャパン日本興亜が「マイナンバー保険」を2015年秋にも取り扱いを開始するというニュースが出ています。

主な保険の内容としては、企業が外部からのサイバー攻撃を受けての個人情報流出に伴うシステム改修費用だったり、損害賠償費用だったり、個人情報を悪用された社員の被害への補償などとされています。

年々広がりを見せている企業に対するサイバー攻撃は、マイナンバーの登場によってさらに増えると予想されており、脆弱な日本企業のセキュリティに対する補償として「マイナンバー保険」は役立つことが考えられます。

 

しかし、始まる前から既に「漏えい」が前提として保険がつくられつつあるという段階で、問題がありすぎるような気もします。

マイナンバーについての勉強はもう、お済みでしょうか。まだの人は、悠長に構えている場合ではありません。とりあえず自分の情報は自分で守るために、マイナンバーの本格運用開始までにしっかり理解して対策がとれるようにしておきたいところです。

 

 - 2015‐2016年人気保険ランキング, 保険ニュース