初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

アフラックのがん保険「新 生きるためのがん保険Days」

      2015/07/19

がん保険といえば『アフラック』。それくらい強くイメージに残るほどテレビCMでもよく見かけますし、様々な場面でよく聞く名前なのではないでしょうか。

それもそのはず、アメリカンファミリー生命保険、通称アフラックは、がん保険契約数12年連続ナンバーワンを誇ります。

2015年7月現在販売されているアフラックのがん保険は「新 生きるためのがん保険Days」と、女性向けの「新 生きるためのがん保険Days レディース」です。

まずは「新 生きるためのがん保険Days」の内容を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

主契約として「診断給付金」「入院給付金」「通院給付金」が用意されています。さらに加えて、主契約として「手術」、「放射線」、「抗がん剤」の三大治療に対する保障まで付加されています。

ここまでが、アフラックのがん保険の一つの大きな特徴です。他のがん保険であれば特約として追加する必要があるような項目も含めて、がんに対する幅広い保障を標準で得ることができます。

さらに特約として、「がん先進医療特約」及び「診断給付金複数回支払特約」を追加することができるよになっており、さらに保障を追加しておきたい人にも安心です。

 

CapD20150708

 

入院給付金、通院給付金、三大治療給付金の金額差により、AプランとBプランが用意されています。診断給付金についてはどちらのプランでも金額は変わりません。診断給付金を重視し、入院給付金などを最低限でと考えるのであれば、Bプランを選択して保険料を抑えてもいいかもしれません。

入院給付金については日数無制限となっている点はうれしい点といえます。通院についても、通院治療が増えてきている昨今、主契約でその通院治療を保障してくれるのは非常に助かるのではないでしょうか。

逆に注意点としては、上皮内がんの場合は給付金額が減るという点、特約を付けないと診断給付金が一度のみしかない点、「抗がん剤治療給付金」及び「がん先進医療特約」については、10年の自動更新となっている点が挙げらえます。

さらにもう一点、残念な点としてはがんにかかった場合の以後の「保険料払込免除」が存在しない点です。

がんにかかった場合の保障が手厚いのはうれしいものの、それ以後も保険料は毎月支払い続けていかないのはなかなか辛いところです。

 

解約払戻金については、アフラックのホームページなどで紹介されている「新 生きるためのがん保険Days」では「解約払戻金なしタイプ」が紹介されているものの、実際は「解約払戻金ありタイプ」も存在します。解約した場合の返戻金があるのであればそちらの方がいいような気もするかもしれませんが、返戻率自体それほど高くありませんし、保険料が当然その分上がりますので、中途半端に「解約払戻金ありタイプ」を選択するメリットはなさそうです。

がん保険でどうしても解約返戻金にこだわるのであれば、東京海上日動あんしん生命の「がん診断保険R」などの方がいいかもしれません。

 

「新 生きるためのがん保険Days」の月額保険料についても詳しくみていきます。

CapD20150708_1

 

保険料の払い込み方法として、定額タイプ(終身払い)と60歳半額タイプ、60歳払込済みタイプなどがあります。他にも10年払込済みや65歳払込済みなどもありますが、わかりやすく終身と60歳払込済みを表にしてあります。

仮に終身払いを選択するのであれば、AプランにしてもBプランにしても、特約を込みで考えても比較的安く抑えることができます。60歳払込済みにすると、保険料は上がりますが、それ以後の保険料支払いが必要なくなるのは大きなメリットといえるでしょう。

アフラックの「新 生きるためのがん保険Days」については、色々な選択肢がある分、逆に判断が難しい、ということもできます。同じ条件で考えながら、他のがん保険と比較して何がメリットで何がデメリットで、さらに同条件にした場合の保険料はどうかなど、しっかり考えてみましょう。

 

どうしても判断に迷うときは、保険の見直しは、全国各地のほけんの窓口で!

 

 - 2015‐2016年人気保険ランキング