初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

AIG富士生命の「さいふにやさしい収入保障」保険の魅力

   

がん保険「がん・ベストゴールドα」や終身保険「E-終身」が人気のAIG富士生命ですが、実は収入保障保険でも非常に魅力的な保険を販売していることはあまり知られていません。

「さいふにやさしい収入保障」は、収入保障保険の大きな目的である、保険契約者に万が一のことがあった際に、遺族に年金形式で保険金を給付するための保険です。定期保険とは違って少しずつ給付金を受け取る形になるところに特徴がありますが、一括の保険金受け取りを選択することもできます。

収入保障保険独特の概念である「最低支払保証期間」は2年、5年、10年から選択することが出来るため、保険期間の残りが少なくなった時に万が一の事態が発生した場合、最低どれくらいの保障を得たいかを検討することができます。

リスク細分型の保険となっているため、非喫煙・優良体の場合は非常に保険料が安くなり、他の収入保障保険と比較してもトップクラスの保険料の安さを実現しています。ただし、喫煙者でありかつ標準体の場合は保険料の割引額が少なくなるために、他のリスク細分型を採用していない収入保障保険の方が保険料効率がよくなります。

そのことから、喫煙をしない健康優良体の人に最も向いている収入保障保険といえます。

さらに、保険料払込免除特約(レスキューP)を付加することもできるため、万が一三大疾病にかかってしまった場合には以後の保険料の支払いを免除されます。

スポンサードリンク

仮に30際男性が契約期間を65歳として非喫煙優良体で年金月額10万円、さらに最低支払保証期間5年のレスキューP付きで申込みした場合、月額保険料は3480円、保険期間を60歳までとするとなんと2770円です。

他の収入保障保険よりもかなり安い水準となっていることがわかります。

ただしこれが、同条件で喫煙者かつ標準体の場合は保険期間65歳までの場合が5020円、60歳の場合が3970円です。リスクが上がる分、保険料も跳ね上がります。

リスク細分型保険の特徴ではありますが、そうなってくると非喫煙優良体の人以外はなかなか選びにくくどうしてもリスク細分型をとらない他の保険を探したくなります。喫煙の有無と直近の健康状態を顧みて問題があるかないかでこのAIG富士生命の収入保障保険が生きるかどうかが変わります。

ターゲットが完全に「非喫煙優良体」の人になっていますが、もちろん標準体の人が申込みすることもできますし、保険料が多少高くても他のがん保険や終身保険と同じAIG富士生命にまとめたい、という場合などは検討してみても面白いのではないでしょうか。

その名の通り「さいふにやさしい」AIG富士生命の収入保障保険、是非検討の対象に入れてみましょう。

 

 - 2015‐2016年人気保険ランキング