初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険の解約返戻金とは

      2014/06/07

保険における解約返戻金とは、保険を解約した際に返還される金額のことを指します。

貯蓄性のある終身保険や養老保険などは、積み立てていた金額の一部が解約時に戻ってくることになるのですが、定期保険など掛け捨ての保険は、この解約返戻金がまったくないか、あったとしてもごくわずかな額となります。

解約返戻金がある終身保険や養老保険なども、保険契約後の経過年数が短い場合は、実際に支払った保険料総額に比べて解約返戻金が少なることがほとんどです。理由としては、保険料の一部が死亡保険金の支払いや保険会社の事業費などに充てられていることによります。

解約返戻金については、逆にその返戻金を低く設定した低解約返戻金型の保険などもあり、解約時の返戻金の額を低く設定する代わりに、毎月の保険料を低く抑えることができる保険もあります。途中で解約することが絶対にない、という場合には重宝するのではないかと思います。返戻率が高いために、終身保険でありながら学資保険代わりに利用されているものも増えています。

普通に考えて、掛け捨てになってしまうよりも、解約返戻金がある方が支払った金額が無駄にならないと感じられるため、掛け捨て型の定期保険よりも終身保険や養老保険の方がお得に思われることもあります。ただ、解約返戻金がない定期保険の方が、万が一の場合に受け取れる保険金はかなり高額になるために、用途や目的に応じて、解約返戻金があるタイプか、掛け捨てのタイプかはしっかりと選択していく必要があります。

そもそもは、返戻金云々というよりも、まずはどういう保障が自分自身必要で、どういう内容の保険を組みたいかにもよります。解約返戻金ありきで保険を検討することがないようにしたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム