初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

学資保険と養老保険は生命保険料控除に入る

   

年末調整に向けた保険料控除申告書はもう書き終えたでしょうか。

毎年10月~11月頃にやってくるこの保険料控除申告書の記入は、仕事が非常にできる社員であってもこればかりは苦手にしていて、どこをどう書いたらいいのかまったくわからないという人も少なくないようです。

この保険料控除申告書は、特に何も保険に加入していない場合にはほとんど記入する必要がなく、名前だけ書いて提出すればそれでいいのですが、生命保険や医療保険、または年金保険などに加入している場合には、その内容を記入して提出すれば、年間の所得から控除されるのです。

税金を差し引いてもらえるのであれば、しっかり記入し提出した方がどう考えてもお得なので、わからないからと言って白紙で提出することがないようにしたいところです。

スポンサードリンク

とはいえ、書き方がわからないし何より面倒。

 

そういう人は一人や二人ではありません。おそらく半分以上の日本人がこの作業を面倒だと感じているのではないでしょうか。

しかし、しっかり内容を把握すれば、保険料控除申告書は特別難しいものでもないのです。

 

一般的な記入方法等は「年末調整あれこれ」を参考にしてもらいたいのですが、ところで生命保険料控除の三区分の中の、どこにどの保険が入るのかがいまいちわからない、というケースも多いと思います。

つまり、

1.「一般の生命保険料」

2.「介護医療保険料」

3.「個人年金保険料」

の三区分です。

 

わかりやすいのはまず、「定期保険」と「終身保険」です。両方とも一般的な生命保険なので、「1」に入ります。

次に、「~医療保険」と名のつく保険は、「2」に入ります。「~介護保険」も同じ理屈で「2」です。

考え方はほとんど同じで、「~年金保険」とあれば「3」です。

 

ほとんどの保険はこうやって分けることができるのですが、悩んでしまいがちなのが、「学資保険」と「養老保険」です。

生命保険という名称でもないし、医療保険とも書いてないし、年金保険でもない。

それならどこにも書いてはいけないのか、それともどこかの区分に入れてしまってもいいものか。

よくある悩みです。

 

この悩みについての回答としては、学資保険も養老保険も、「1」の一般の生命保険料に入ります。

養老保険は最近かなり減ってきてはいるものの、かんぽ生命などにまだ残っていたりもしますし、学資保険についてはやはり子育て世帯ではかなり利用されているものでもありますし、金額も大きなものになりがちです。

もちろんそれぞれ、控除の上限額があるのでそれを超える記入はする必要はありませんが、上限になるまではしっかり記入をして控除してもらえるものは確実に控除してもらい、税金対策をしておきたいところです。

 

基本的に毎年書かなければいけない書類なので、今年しっかり書くことができたなら、翌年のためにその書類を写真に収めておくとか、書き方をメモしておくなど工夫しておいてもいいかもしれませんね。

 - 保険あれこれコラム