初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険金を受け取れない告知義務違反

      2014/06/07

せっかく保険に加入していたのに、いざ保険金を受け取る必要がある事態に陥った際、保険金を受け取れない場合があります。

保険加入者側に問題があって保険金を受け取れないケースで最も多いのが、『告知義務違反』です。

保険の契約時に、保険会社に対して被保険者は、自分の病歴や健康状態、現在の職業などを正確に嘘偽りなく告知しなければなりません。この義務を怠ると、『告知義務違反』として保険を解除されたり、保険金が支払われなかったりします。

そもそも保険における保険料は、予定死亡率によって算出されています。被保険者の健康状態や職業が正確でなければ、その死亡確率に影響を及ぼすために、保険における公平性が保たれなくなってしまい、他の被保険者や保険会社そのものが不利益を被りかねないために、告知義務は厳しく規定されているのです。

もし告知義務違反が発覚した場合、契約から二年以内であれば保険会社は保険の契約自体を解除することができます。二年を超えると解約解除はできなくなりますが、仮に保険金が発生する事態が起こったとしても、告知義務違反があると保険金は支払われません。

告知義務違反をしてまで保険契約をしても、結局保険金支払い時にその旨が明らかになってしまうのであれば、保険金は支払われませんので保険に加入していた意味がまったくなくなります。

隠し通そう、という意図で加入する人もいるかもしれませんが、保険会社は被保険者に同意を取った上で病院などに確認をすることもあるようなので、かなりの確率で告知義務違反をしていた場合にはそれが露見すると思っていた方がいいかもしれません。

それでも、どうしても過去に罹病歴があっても保険に加入したいという場合もあると思います。そういう時は、無選択型の保険などもありますので、そちらを利用する用にしましょう。その場合保険料などは割増しになったり、保険金支払いにも条件が付いたりと、通常の保険加入よりは条件が厳しくなりますが、そこは保険という契約の特性上やむを得ないところです。

せっかく保険料を支払い続けてきたのに保険金は受け取れない、というようなケースを避けるためにも、告知義務はしっかりと果たし、違反をしないように気を付けましょう。

 - 保険あれこれコラム