初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険会社破たんの際の保険金の行方

      2014/06/07

保険の契約をした場合に被保険者が不安に感じる点の一つに、保険会社の経営状態というものがあります。保険会社と言えどもやはり会社であることには変わりなく、他の企業と同じく破たんリスクというものが存在します。

保険会社も会社である以上利益を追求していかねばならず、利益が出せなけば会社そのものを運営していくことができなくなり、最終的には破たんしてしまうケースも十分あり得ます。

景気の後退局面ではどうしてもそうした保険会社の破たんリスクが注目されますが、万が一保険会社が破たんしたとしても、それまで支払ってきた保険料が完全に無に帰すことはありません。

生命保険会社のすべては、「生命保険契約者保護機構」に加入しており、万が一の事態に陥ったとしても保険契約者に不利益が発生しないように、契約内容をある程度継続できる仕組みが用意されています。

ただ、100%そのまま内容を引き継げるわけではなく、予定利率が引き下げられたり、保険金額が減ってしまったりと、何点かはマイナスになってしまう部分も出てきます。そのため、出来うる限り破たんというリスクが少ない保険会社を選びぬいていくのが正しい保険の選び方と言えます。

その際の基準としてよく用いられるのがソルベンシー・マージン比率だったりディスクロージャー資料の確認だったり、それらが保険会社の経営状態などを吟味する一つの方法となります。

それらと保険料などを総合的に判断しながら、破たんリスクが少ない会社を選ぶのか、リスクがあっても安価で保険金額も悪くないという会社を選ぶのか、その選択は人それぞれですが、しっかり吟味した上で選んでいきたいところです。

破たんするかしないかと言われたら、破たんしない会社を選びたいのは当然のことであり、結局は確率の問題でもあります。保険事故が発生する確率に加えて、保険会社が破たんする確率を検討要素の追加し、最良の選択をしていきましょう。

 

 - 保険あれこれコラム