初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険のリビングニーズ特約とは何か

      2014/06/07

生命保険におけるリビングニーズ特約とは、被保険者が医師から余命6ヶ月の宣告を受けた時に、死亡保険金の一部または全部を生前に受け取ることが出来る特約のことを指します。

せっかくの保険金を生前に受け取ることができるようにし、人生の最期を充実した時間にする目的があります。やりたいことに使うもよし、治療に充てるもよし、自分の思うように保険金を使えるようになります。リビングニーズ特約については、それぞれの保険会社で無料で取り扱いをしているようです。

リビングニーズ特約で受け取ることが出来る保険金の上限は、3000万円としている保険会社がほとんどです。通常、保険金にかかる税金も、リビングニーズ特約による保険金の支払いについては非課税となっています。

その理由として、余命わずかな人にとってのお金のニーズを考えた場合に、課税することは適当ではないと考えられるためです。似たような理由から、高度障害の場合の保険金や、医療特約、傷害保険の給付金なども非課税となっています。

リビングニーズ特約による保険金の受取については、生前に受け取れるというメリットはあるものの、「余命6ヶ月」という残酷な宣告を被保険者にするのかしないのかという難しい判断なども絡んできます。家族及び医師の判断などが重要となってきます。

より良い形で人生の最期を充実した時間にできるように、リビングニーズ特約に関してはしっかり考えた上で活用していきたいところです。

最近の生命保険には、このリビングニーズ特約は付加できるようになっているところがほとんどなので、この特約があるかないかで選択肢が変わることはないと思いますが、もし活用したいと考えるのであれば、ちゃんと希望の保険商品にこのリビングニーズ特約が存在しているのかどうかしっかり確認しておきましょう。

 - 保険の種類