初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

貯蓄が大きい人、収入が高額な人に保険は必要か

      2014/06/07

保険の本来の意味を考えた場合、大きな貯蓄や収入がある人には、保険は必要ありません。

なぜなら万が一の事態に陥ったとしても、貯蓄から切り崩していけばいいのですから、わざわざ毎月保険料を支払う必要もありません。

保険は、万が一の事態に陥った際に仕事ができなくなり収入が途絶え、治療費が払えなくなるとか、住宅ローンが返済できなくなるとか、大黒柱を失い生活そのものができなくなる、などのケースに備えるために存在します。

収入が大きくなく、貯蓄もそれほどない場合こそが、保険が本当の輝きを発揮するときです。

わずかな保険料で、保険に加入したその日から、万が一の際には大きな保険金を受け取ることができるようになるのです。お金がない時こそ、このメリットは計り知れないと思われます。

元々自分では賄いきれない大きな治療費だったり保険金だったりが、保険に加入していたことで、そのままもらえる可能性ができるわけです。そうすることで、家族に対する保障だったり、自分の治療費に対する保障ができ、人生プランが予測不能のトラブルによって壊れてしまうことを防ぐことが出来るようになります。

予測不能のトラブルに対処するための手段、それが保険です。

そう考えると、保険に入る必要もないほどの収入を得られるのが一番なのですが、なかなかそううまくはいきませんので、やはり保険は必要不可欠だったりするのです。

むしろ収入が十分にある人が保険を利用するケースとしては、死亡保障などよりも貯蓄性のある保険だったり、相続税対策としての保険だったりの方が多いのかもしれません。

事実昨今伸びているのは一時払い終身保険などの貯蓄性の高い保険であり、普通に貯蓄するよりも返戻率が高く、運用目的で利用されているようです。そもそもの保険の目的からは逸脱していますが、保険にはそういう活用方法もあるということを認識しておきましょう。

 - 保険あれこれコラム