初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

専業主婦の保険の必要性

      2014/06/07

一般的に、仕事に出ている夫の保険は万が一に備えて十分すぎるほどに充実させる一方で、妻の保険はそれほど重要視されず、保障が全くない状態で生活している人も少なくないようです。

保険の意味を考えた場合、専業主婦がもし亡くなったとしても、夫は職を持って収入もあるのだから妻の死亡保障が仮にまったくなくても生活していくことはできるため、確かに妻の保険は必要ないようにも思えます。

あえて言えば、必要最低限欲しいのは葬式代くらいで、それ以外の費用が妻の死亡によってかかってくるわけではありません。それならば、妻が加入するべき保険は、必要最低限の終身保険のみでいい、という考え方もあります。

ただ、実際の生活シーンを想像してみると、妻がいなくなることにより、夫にかかる負担は単純に倍増します。今まで手がかからなかった家事も自分でする必要が出てきますし、子供がいれば子供に対するケアも夫が一人で行っていく形となります。

そうなったときに、経済的な面以外で、かなりの大きな負担が夫にのしかかってくるのは間違いなく、そうした負担を少しでも軽減する意味で保険金などがあれば多少は楽になる面もあると思われます。

そう考えた場合、専業主婦には保険がいらないという論は少し暴論であり、やはり専業主婦であってもある程度、最低限の保険には加入しておいた方が万が一のことを考えると安心できるとも言えます。

生命保険でなくても、病気に備えるための医療保険だったり、女性特有の疾患に備えるための女性保険などもあります。色々な選択肢がありますので、専業主婦でも保険を検討する意味はあります。

もちろん家庭環境によりますので、その点はしっかりとイメージした上で最良の選択をしていきましょう。

 - 保険あれこれコラム