初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

サラリーマンのための生命保険/医療保険

      2014/06/07

会社勤めのサラリーマンの場合、生命保険や医療保険への加入を考えたとしても、まずは大きな公的保障があることを認識しておきましょう。

医療保障としては健康保険による自己負担額の軽減はもちろん高額療養費の制度などもありますし、もし大黒柱である夫が亡くなっても、死亡保障として国民年金や厚生年金から遺族年金が受け取れたりもします。

実際に万が一の場合に、どこまで公的保障を受けることができるのを知ることが第一です。

その上で、不足分を補う意味合いで生命保険や医療保険を利用していく形が理想です。必要のない保険金を得るために保険に加入しすぎるのは大きな無駄になります。

さらに、もし独身であるなら、よほどのことがない限り公的保障のみでもある程度まかなえてしまうため、保険の必要性はぐっと低くなります。

もちろん健康に不安があり、予想外の事態に備えるという意味で毎月の負担が大きくない程度に保険に加入することには意味があります。ただ、生活を圧迫するほどの負担をしてまで保険に加入する必要はないと思われます。

どうしてもある程度の生命保険や医療保険が必要になるのは、やはり家族を持ち、子供が生まれた場合など。子供が成長して独立するまでの期間、子供の成長にかかる費用をねん出できなくなるリスクを軽減するために、保険を活用していきたいところです。

若い年齢で夫が死亡する確率は、それほど高くないかもしれませんが、それでもそうした不測の事態に直面した時に、妻と子供の生活がある程度保障できるようにしておくと、何より安心して生活できるのではないかと思われます。

そういう意味合いで保険を活用していくのであれば、やはり優先順位としては掛け捨てでも手厚い保険金が期待できる定期での生命保険が第一です。

貯蓄の意味合いが強くなる終身保険などは、月々の負担と照らし合わせながら検討しましょう。医療保険については、公的保障で補えない補助的なものとして、三大疾病に備えるのか女性疾病に備えるのかなど、費用対効果をよくよく考えた上で決断しましょう。

各種保険は種類が多すぎてなかなかどの保険がいいのか選択が難しい面もあります。そうした時に一括して資料を請求すれば、まとめて比較検討が可能となります。

 - 保険あれこれコラム