初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

新社会人のための生命保険/医療保険

      2014/06/07

新社会人として新しく社会に出ていくということは、正式に両親から独り立ちするということでもあり、保険についても考え始める一つの機会になると思います。

親の保護の元、自分自身の保険などは考えたこともなかった若者が、独り立ちするにあたって直面する問題でもあります。

もちろん、多くの人はまだまだ保険についてなど意識することもなく、まずは社会に馴染むことが最優先でしょうが、それでもどこかのタイミングで一度保険についてなんとなくでも考えてみてもいいと思います。

実際のところ、新社会人などまだ若い時期であれば、保険の必要性はそれほど高くはありません。

守るべき家族もまだいない状態で、自分自身の死亡時に支払われる生命保険などはまったく必要ありませんし、医療保険も会社員であれば公的保障である程度守られるため、それほど差し迫った問題ではありません。

それでもあえて保険は加入しておきたいと考えるのであれば、一定の金額を長い期間をかけて支払うことが出来、貯蓄性が高い終身保険がいいかもしれません。

掛け捨てになる定期保険は、必要になった時期に加入すればよく、若い時から加入していたとしても、単純に支払う保険料分は貯蓄しておいた方がいいと思われます。

新社会人で保険が本当に必要になるのは、やはり結婚した場合、もしくは子供が生まれた場合です。結婚すれば家族の生活を守るために生命保険が必要となります。子どもが生まれれば子供の教育費用のために学資保険に加入したいところです。

そうした環境の変化に直面するまでは、なんとなく保険の基本だけおさえておくような形でもよさそうです。

本当に保険が必要になった時のために、資料を簡単に眺めておいてもいいかもしれません。

 - 保険あれこれコラム