初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

子どもに生命保険や医療保険は必要か

      2014/06/07

夫の生命保険は通常、妻や子どものためにあります。家族の生活を守るための保険です。

妻の生命保険は逆に、夫や子どものためにあります。夫の生活の助けとするための保険です。では子供の保険はどうでしょうか。

両親の生命保険が子供のためにあるのであれば、子供の保険は親のためにあるということになるでしょう。

ただ、子供が亡くなった時に、親が保険金を必要とするのか、という問題があります。

もともと子どもは親に養われているもので、親は自立して生活しており、子供が亡くなったことによる経済的負担はゼロと言ってもいいと思います。

そう考えると、子供に生命保険をかける必要は本来まったくありません。掛け捨ての保険であればなおさらで、ただただ保険料の無駄となりかねません。

医療保険であれば少し話は変わってきますが、こちらもよほど特殊なケースでない限り、親の貯蓄でまかなえるケースがほとんどです。地域ごとの医療費助成制度の内容などをチェックし、足りない部分にだけフォーカスして医療保険加入を検討するような方法の方が現実的です。

どちらかと言えば、子供に対する保険としてはやはり生命保険や医療保険よりも、学資保険などの方が注目される部分ではないかと思われます。

子どもにかかる費用としてはやはり教育費が最も大きく、子どもの成長につれて生活の中で大きな部分を占めるようになってきます。

その教育費の負担を少しでも減らすために、学資保険を用意する親が多いようです。うまく活用すれば、払込額よりも多くの満期金を受け取ることもできますが、特約などを不必要につけすぎると元本割れしてしまうこともありますので、注意が必要です。

子どもには生命保険や医療保険よりも学資保険、そうイメージして保険を検討してみてはいかがでしょうか。

 - 保険あれこれコラム