初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険の見直しの際に発生する契約の谷間に注意

      2014/06/07

保険を見直し、新しい保険に加入しようと考えた場合、古い保険と新しい保険の保険料支払が一時的に重なってしまう可能性があります。

それを避けるためには、新しい保険に加入する前に古い保険を解約すればいい、というのは当然のことです。

ですが、先に古い保険を解約した場合、新しい保険の保障がしっかり始まるまでのわずかな期間、保険の空白の期間が発生してしまいます。

本当にもしも、ですが、そのわずかな期間の間にまさかの事態が発生してしまった場合、取り返しがつきません。

さらに、新しい保険の加入に際して、医師の診査がうまく通らないという可能性もあります。たまたま少し体調が悪かったり、女性であれば思いがけず妊娠していた、などの事態になった場合、先に古い保険を解約してしまっていたら後の祭りです。保険会社が本当に引受してくれるかどうかは、告知など含めて手続きがすべて完了するまではわかりません。

保険の見直しの場合は、そういう万が一のケースを回避するためにも、多少の契約月の重なりは覚悟しておきましょう。わずかな出費を惜しんで大きなリスクを取るのは賢い選択ではありません。

特に、保険の仕組みなどをよく理解していないと見直しのタイミングを間違ってしまう可能性もありますので、もし新しく加入しようとしている保険会社の担当などに相談できるのであれば、そのあたりもよく相談しておくのが良いと思われます。

通販系やネット系保険の場合はすべて自己責任になりますので、より注意して切り替えを行いましょう。完了してから解約、これが鉄則です。

ただし、解約をする場合は、やはり無駄に保険料は支払たくないものです。解約忘れに注意して、無駄に2ヶ月分も3か月分も保険料を継続して支払うことにならないように、適切な解約処理を実施しましょう。

 - 保険あれこれコラム