初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

国民年金保険は老後のためだけにあらず

      2014/06/07

サラリーマンの場合は給料天引きされるために意識することはほとんどない国民年金保険。

自営業者の場合は自分で国民年金保険料を支払わなければならないので「支払わない」という選択肢が存在してしまいますが、サラリーマンの場合は強制加入となり、「支払わない」という選択肢は存在しません。

それなら選択肢がある自営業者の方がお得じゃないか、というのは一概に言えません。そもそも各民年金保険は、老後の年金にだけ影響するものではありません。

例えば遺族年金。例えば障害年金。特に家族がいる場合にこの両方の年金がもらえるかもらえないかは非常に大きく違い、そのために民間の生命保険などへの加入の仕方も変わってきます。

しっかり国民年金保険に加入している場合は、遺族年金などを想定に入れた状態で生命保険加入を検討すればいいため、そこまで大きな保険を組む必要がなくなります。

ただもし、国民年金保険がなければ、その分についてもしっかり保障してくれる保険に加入する必要があり、生命保険を通常よりも手厚くしなければ、万が一の場合の家族の生活に大きな影響が出てきてしまいます。

支払う、支払わないということではなく、しっかり支払をした状態で、民間の保険を考えるというのが正解です。

そもそも国民年金保険の支払いをせずに民間の生命保険に加入するというのは順序が逆です。これは健康保険による公的医療保険も同じです。まずは公的保障をしっかり土台として確立した上で、民間の生命保険や医療保険などを考えるようにしましょう。

生命保険、医療保険にも種類は色々とありますので、保険金額をどうするのか、保険料はどれくらいで利用したいのかなど、それぞれの生活環境に合わせて考えていきたいところです。

 - 保険あれこれコラム