初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

健康の保険の「療養の給付」とは

      2014/06/07

健康保険における「療養の給付」とは、健康保険の被保険者が業務以外の事由により病気やけがをしたときに治療を受けることが出来ることを指します。

範囲としては、診察や薬剤の支給など、さらに処置や手術などに及びます。

被保険者証(健康保険証)を、診療を受けた病院などに提出し、一部負担金を支払うことで治療を受けることができ、医師より処方箋を出してもらうことにより、保険薬局で薬剤の調剤をしてもらうこともできます。

保険証は、健康保険に加入しているかを証明するための大事な証明書なので、大切に扱う必要があります。

他にも、色々な手続きにおいて本人確認書類としても利用できるケースもありますので、健康保険証の役割は様々です。

治療を受ける際の一部負担金については、被保険者が70歳未満の場合は医療費の3割と定められています。さらに高額な治療費が発生した場合は、高額療養費制度がありますので、ひと月あたりの最大での負担額は10万円程度となり、それ以上の負担はかからないようになっています。

医療保険を検討する場合は、この高額療養費制度を念頭に置いて考える必要があります。

足りない部分を医療保険で補うという考え方ですが、例えば入院の場合は差額ベッド代、さらには手術代や先進医療を利用した場合の費用など、高額になりがちな項目に対する保障があれば、療養において金銭的な問題で悩むことなく安心して治療に専念することが出来ます。

医療保険人気の秘密はそうした万が一の際の「安心」を得ることが出来るという点につきますので、どういう状況に陥ったとしても対処できるような保障を、しっかり準備しておきたいところです。

医療保険は変化や進歩が早いため、なかなか選択が難しいところもありますが、資料を比較検討の上、最適な保険を選んでいくようにしたいところです。

 
 

 - 保険あれこれコラム