初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

遺族年金をもらえないケース

      2014/06/07

遺族年金には遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。

遺族厚生年金はサラリーマンしか受け取ることが出来ず、自営業者の人はもらうことができません。

遺族基礎年金は自営業者の人もサラリーマンももらうことができますが、対象となるのは「子どもを持つ妻」と「子供」です。つまり、子供を持たない妻、もしくは生計維持者である妻を亡くした夫の場合は遺族基礎年金をもらうことはできません。

まずは前提条件となる上記を踏まえて、さらに年金保険料をしっかり支払っていないと、当然のことながら遺族年金はもらえません。

サラリーマンの場合は払っていない、というケースはまずないと思いますが、転職を繰り返して保険料を支払っていない時期が長かったり、自営業者でそもそも国民年金保険料を支払っていないなど、当然のことながら遺族年金は支払われませんので、しっかり支払を忘れないようにしておきたいところです。

遺族年金があるかないかで、必要保障額は大きく変わりますので、その家庭における保険の必要性や必要額も変わってきます。

遺族年金がどれだけもらえるのか、そしてその金額を含めて残された家族の生活保障は足りるのか、足りなければ生命保険でどれくらい補えるようにするのか。その部分が検討していく必要がある点となります。

遺族基礎年金は子どもがいるかいないかでもらえるかどうかが変わってきますが、子どもがいる場合は遺族基礎年金があったとしても、他にも子供を育てていくための費用だったり学費だったりと、必要になる金額はかなり大きくなってきます。

それに備えるための生命保険を用意しておくか、もしくは学資保険などで対応するのかなど、選択肢が変わってきます。

子どもがいなければそこまでいろいろ考える必要はなく、残された妻が当面生活していけるかどうか程度で考えてもいいでしょう。

最低限一年間生活できる分があれば、妻は妻でまた仕事をするなりアルバイトをするなり、生活維持のための行動を起こすことが出来ます。そうした色々なパターンを考えた上で検討しないといけない保険は、やはり難しく感じられる面もあるとは思いますが、しっかり資料を比較検討すればそこまで難しいものではありません。

正しい保険の選択ができるように、色々と検討してみましょう。

 - 保険あれこれコラム