初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

多数該当高額療養費とは

      2014/06/07

健康保険に加入している場合、仮に医療費が高額になったとしても高額療養費制度によって、ある程度の自己負担額を超えた支払いは払い戻しを受けることができます。

ただ、がんなどの長期に渡る治療が必要な病気の場合など、年間に何度も高額療養費制度を活用する必要があるケースもあると思います。高額療養費制度である程度自己負担額が減るとはいえ、それが何ヶ月も続くとかなり大きな金額になってきます。月あたり約8万円の自己負担だったとしても、三ヶ月続けば24万円を超えます。もちろん仕事もできないでしょうから収入もない状態でそれだけの負担が続くのは、かなり経済的に痛いと思われます。

そんな時に、高額療養費として払い戻しを受けた月数が年間で3月以上あった場合、4月目からは自己負担限度額がさらに引き下げられる「多数該当高額療養費」という制度があります。

一般の被保険者であれば、通常80100円+αの自己負担限度額が、44400円に引き下げられます。

長期に治療が必要な病気になったとしても、ある程度は払い戻しを受けることができますので、がん保険を検討する際などにも判断の材料としておきたいところです。

 - 保険あれこれコラム