初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

がんの治療費数百万への対処

      2014/06/07

がん(悪性新生物)に罹患すると、治療代が場合によっては数百万円もかかるという話があります。

継続性及び再発性のある病気ということもあり、さらには治療に先進医療を利用したりするケースもあることから、そのような金額がはじきだされているものと思われます。

実際どれくらいの金額がかかるかはがんの種類や症状によっても大きく異なるとは思いますが、病気の特性上、治療をしても再発を繰り返したり入退院の連続になったり、場合によっては先進医療を受けたりすると、それだけでかなりの金額がかかってしまいます。

そんな時に対処するためには、公的医療保険の高額療養費制度を活用する方法が一つであり、繰り返す場合には「多数該当高額療養費」という制度もあります。

ただ、そんな時にがん保険に加入していれば、かなりの負担が軽減されるのは間違いないところです。がん保険をうまく活用する方法が、がんに罹患した場合のもっとも有効な方法と思われます。

最近のがん保険は、がんの治療によっては入院をせずに治療をするケースなどもあるため、入院の有無にかかわらず診断給付金やがん初回診断一時金を一気に受け取ることが出来る保険なども出てきています。

これから始まるがんとの戦いの最初に、大きな保険金を受け取ることができれば、少なくとも精神的にはかなり楽になるのではないでしょうか。

診断給付金に関しては保険の種類によってかなり差がありますので、確実な確認が必要です。傾向としては昔ながらのがん保険は入院給付金が中心になっているものが多く、最近のがん保険はかなりバリエーション豊かになってきています。色々なパターンに対応できる保険商品が出てきていますので、選択する側も選択肢は多いもののしっかりした知識がなければ何がいいのか判断できない可能性もあります。

高額療養費制度などの公的保障とがん保険を、足りないところを補いながら活用していきましょう。

がん保険、医療保険、それぞれの資料請求をした上で、比較検討を行うのがお勧めです。

 - 保険の種類