初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

がん保険選択時の注目点は診断給付金

      2014/06/07

入院せずに治療をすることもある最近のがんの治療傾向を踏まえて、がん保険の選択時に注目したいのは、入院給付金よりも診断給付金(一時金)です。

がんと診断された際に保険金が出るというわかりやすさと、早めにまとまった保険金を受け取れるという点で人気が高くなっています。

以前のがん保険などでは、がんの初回診断時に一度だけ一時金が出るタイプが主流でしたが、最近の保険は一定年数経過したあとに再発した際などにも一時金が受け取れるものも増えてきており、診断給付金や一時金にも色々な条件やタイプがあるものが増えています。

中には、実際かかった費用を補てんしてくれる実損補てん式の保険などもあり、被保険者が求める内容に沿って、幅広く選択していけるようになっています。

がん保険にも終身型と定期型があり、保険料だけ考えれば当然定期型ですが、年齢を重ねれば重ねるほど罹患率が跳ね上がるがんなので、出来る限り長くがん保険は利用しておいた方が安心とも言えます。

家計の経済状況と合わせながら考えていきたいところです。

何よりも長年日本の死亡原因1位の座を守り続けているがん、治療が長引き長期入院になってしまったり、完治したと思っても再発してしまう可能性も考えられる病気なので、そうした長い治療や再発時における保障まで考えておく必要があります。

昔よりも人気が出ているがん保険は、医療保険の特約として利用することもできますし、単体での契約も可能なので、内容を確認してどちらがいいかは選択していきましょう。

がんに対処することを考えた場合、やはり重粒子線治療だったり陽子線治療などの先進医療に対する特約も積極的に利用しておいた方が安心かもしれません。

詳しい内容など、各種資料請求して比較検討してみましょう。

 - 保険の種類