初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

子どもの独立と保険の見直し

      2014/06/07

子どもが生まれると、子供のために保険を見直す必要があります。子どもは生まれた直後から色々な費用がかかり、成長するにつれてどんどん大きな金額が必要になってきます。

だからこそ子どものために保険に加入しておこうという人も多く、学資保険(子ども保険)の需要はいつの時代もある一定数はあるわけです。

それだけ子どもにはお金がかかるため、子どもが成長するまでの間は必ず保険が必要になってきます。

ただ、その子どもが成長して独立をしたなら、再度保険は見直しができます。

子どもが生まれて子どものための保険を増額するのと反対に、今度は逆に子どもの独立により保険を減らすことができます。

子どもの成長のために必要だった保険金をそのまま減らすことができるため、以後必要となってくる保険としては自身及び配偶者の老後に必要となる保険です。

保険金で言えば、夫の死後も妻が困ることなく生活できるだけの保険と葬式代程度があれば十分です。基本的に老後への備えは、貯蓄でまかなっていくと考えれば、大きな保険料は子どもの独立と同時に必要なくなります。

もちろんその辺りは考え方次第ですが、保険と貯蓄を併用するような方法もありますが、基本的には両者はわけて考えた方がいいと思われます。

終身保険及び医療保険だけを残して定期保険や定期特約を外してしまうなど、大幅に保険料を下げることにより、毎月の生活費や貯金にも余裕が出てくると思います。使う必要がない保険金のために毎月保険料を支払っていくのは無駄以外の何者でもありません。その分をすべて貯金していきながら老後に備える方が合理的です。

安心できる老後のために、子どもの独立後はしっかり夫婦で二人の老後のための保険を考えていきましょう。

 - 保険選びと見直し