初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険料のお得な支払方法

      2014/06/07

保険の保険料は、結局支払っていくことに変わりはないのですが、まとめて全額支払うか、少しずつ支払うかという違いがあります。

基本的には生命保険や医療保険などは月払いが一般的で、自動車保険など損害保険系は年払いが一般的です。

生命保険や医療保険で全額を一括で支払う一時払いを選択した場合、保険料総額としては最も安くなりますが、仮に途中で被保険者が亡くなったりしたとしても既に支払った保険料の払い戻しはありません。

逆に月払いにしていた場合は、当然のことながら被保険者が亡くなった場合、それ以後の保険料の支払いは発生しないことに加えて保険金も支払われますので、亡くなるタイミングによっては一時払いの方が損をしてしまうこともあります。

加えて、保険料を毎年支払っていれば年末調整や確定申告で保険料控除を受けることができるため、一年単位ではそれほど大きくなくてもこれが10年単位になってくるとかなりの金額が違ってきます。

そう考えると、生命保険や医療保険においては、わざわざ大きな金額を一時払いするメリットはないのかもしれません。

ただ保険にはもう一つ、全期前納という支払方法があります。こちらも一括して全額を先に支払うことに変わりはないのですが、支払った分の経過年数分だけを保障に充てる、という考え方を取ります。つまり、一旦保険会社に全額支払いをして保険料全額をプールしておきます。そして、経過した年数分だけ保険料を納めるイメージです。

そのため、一時払いとの違いとしては、毎年の保険料控除を受けることが出来るというメリットがあります。さらに、被保険者が亡くなった際にまだ保障に充てられていない分の保険料は返還してもらうこともできます。こうしたメリットが全期前納にはある一方で、保険料総額は一時払いの方がやはり安くはなります。

生命保険とは違い損害保険などは、元々が年払いで計算されているため、月払いにするとその分保険料が高くなってしまいます。その点を考慮すれば、損害保険は多少金額が大きくなっても年払いにしておいた方がお得と言えそうです。

保険の種類によって、それぞれお得な支払方法が違いますので、しっかり確認するようにしましょう。

 - 保険あれこれコラム