初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

定期付き終身保険に多いクレームと注意点

      2014/06/07

定期付き終身保険は、一時期保険会社の主力商品として販売されていた人気保険です。

正式名称は「定期保険特約付終身保険」であり、その名前のまま、定期保険の特約が付いた終身保険です。

終身保険がベースとなっているため、一生、いつ亡くなったとしても保険金を受け取ることはできます。ただし、終身保険部分はそれほど大きな保険金額になっておらず、大きな保険金が受け取ることが出来る部分は定期保険特約の部分となります。

単純に考えるなら、定期保険と終身保険を別に契約しているのと同じようなものであり、終身保険はその保険の特性上保険金もそれほど大きくもらえるわけではありませんが、一生の保障となり、解約したとしても解約返戻金も積み立て分程度は受け取ることが出来ます。

定期保険特約部分に関しては、通常の定期保険と同じく、ある一定の年齢までを保障するものの、その金額を超えると保障がなくなり、終身保険のみに変わります。

つまり、定期特約がある間は2000万円の保険金が受け取れるはずだったという人が、ある年齢を超えて定期特約がなくなってから亡くなると、受け取れる保険金は終身保険部分のみということになり、200万円程度しか受け取れなかった、ということになります。

この仕組みをよく理解しないまま契約している人は、「終身でいつまでも2000万円が受け取れる」と勘違いしてしまい、定期の期間を過ぎて200万円しか受け取れないということを後で知ってクレームとなるケースが多いのです。

定期付終身保険は、「終身」という言葉に惑わされ、被保険者に混乱をもたらすことがあります。大きな金額が受け取れる定期部分はあくまでおまけであり、実態は終身保険であり、定期の期間を過ぎればそれほど大きな保険金が受け取れる保険ではないということを認識しておく必要があります。

その部分さえ理解していれば、大きな保険金が必要となる子供が独立するまでの期間を定期部分で保障し、大きな保険金が必要なくなる老後はある程度の死亡保険金で保険料を抑えるという定期付き終身保険は、理にかなった保険でもあるのです。

あらゆる特約がいくつもついた保険などは、特にメインが一体何なのかわからなくなる傾向があります。

目的と保障内容が正しく合致しているのか、確認をしたうえで必要なものだけ利用し、不要な特約は利用しないといった割り切りも必要かもしれません。

 - 保険あれこれコラム