初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

定期保険の更新で多いクレームと注意点

      2014/06/07

生命保険の定期保険におけるクレームの多い内容と言えば、まずは「更新」です。

定期保険はその性質上、初めから定められていた保険期間を満了すると、「更新」するかやめてしまうか選択できます。

30歳で10年定期に加入した場合は、40歳でその満了を迎えるわけですが、まだまだ子供も成長段階で成人までにはもう少しかかる、ということも少なくないと思われます。その場合は、そこからさらに「更新」をする必要があります。

更新といっても、初めから保険に入るのとほとんど変わらず、保険料もその更新時の年齢によって算定されます。これにより、更新時に保険料が格段に跳ね上がるというケースが往々にしてあります。

当然のことながら、年齢が高くなればなるほど保険が必要になる可能性は高くなりますので、高い年齢での更新ほど保険料は割高になっていきます。

その仕組みを理解できていないと、月1万円の保険料でとりあえず10年定期で保障してもらい、更新の際にもそのままの料金で更新できるのだろうとつい考えてしまいます。年齢によっては3万~4万に跳ね上がった高額な保険料に驚き怒り、クレームとなるわけです。もちろんいくら納得いかないと言っても後の祭りです。

定期保険を利用するのであれば、ある程度の年齢まで初めから想定して、更新がないプランにするという方法が一つ。家族のための大きな保険金がかかる保障が65歳まで欲しい、ということであれば、65歳満了という形で期間を区切ることができる定期保険をはじめから選択するのが正解です。もちろん、10年の定期保険と比較すれば保険料は割高になりますが、更新がかかって数万に跳ね上がるよりは随分マシです。

この場合は、保険を比較的早めに解約する可能性がある場合は保険料が割高になる分もったいないですが、そういう可能性まで計算に入れて、もっとも確実と思われる保険の期間を選択したいところです。

なお、定期保険はあくまで定期保険ですので、もし一生涯の必ず保険金を受け取れる保障が欲しいということであれば、終身保険を定期保険とは別に契約しておくのも一つの手です。

終身保険は掛け捨ての定期保険とは異なり、基本的に解約返戻金もありますので、貯蓄性も含めて検討するのであれば、定期保険とは別に一つ、加入しておくのもいいかもしれません。

定期保険の更新で泣き寝入りすることがないように、10年、20年などの区切りで更新する必要がある定期保険に加入する場合は、必ず更新後の保険料も確認しておくようにしましょう。

 - 保険あれこれコラム