初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険の営業社員やセールスレディは5年後にはいない?

      2014/06/07

生命保険加入時には、いくつかの加入方法が存在します。

昔はそのほとんどが大手保険会社のセールスレディだったり営業社員などの訪問営業でした。

今は昔と比べて保険の加入方法もかなり多様化しており、訪問営業以外にも逆に来店型の保険もあればネット系の保険や通販型の保険まで色々な加入方法があります。

その中でも最もポピュラーなのはやはり昔ながらの営業社員やセールスレディによる保険加入であり、一番大きいのは対面営業であり、その営業社員が担当となることによりもしもの時に安心して対応してもらえるということがあります。

もちろん、訪問営業で保険に加入する際などは、やはり営業社員やセールスレディの人柄なども見ると思いますし、安心できる人と見れば加入するでしょうし、安心できなければ加入する必要もありません。

ただ、訪問営業型の保険の最大のメリットであるはずの、担当がいつでも対応してくれるという点にも注意が必要です。

保険会社の営業やセールスレディは、やはりその職種の特性上、社員の入れ替わりがどうしても早くなります。営業は精神的に強くないと続かないということもありますし、売れなければノルマに追われ精神的・経済的に苦しくなってやめてしまうということもあります。

自分の担当をしてくれた営業社員やセールスレディが実力のある社員であれば長年続いていつまでも担当してくれるでしょうが、もし入って間もない社員だったり、それほど売れていない社員だったりした場合、数年後にはもうその保険会社にはいないということも十分にあり得ます。

保険会社の商品もさることながら、何よりもその担当者だったからこそ加入した、という人にとっては何か納得いかない展開になることもあります。

だからこそ、保険加入に関しては人を見るのもいいのですが、何より保険商品の必要性を客観的にみつめた上で検討していく必要があります。

長年加入することで、総額としてはかなり高額な商品となる保険です。情にほだされて保険加入、ということがないように気を付けましょう。

 - 保険あれこれコラム