初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険の「更新」の考え方

      2014/06/07

生命保険で非常にクレームになりやすい項目に「更新」があります。

定期保険加入時に必要となる「更新」とは、一定期間を保障してくれる定期保険の期間が満了した際に、さらに続けて保障が必要な場合に改めて保険を「更新」して継続するわけですが、更新時には保険加入時と比べて年齢も上がっていますので、当然のことながら保険料は当初の保険料と比べれば割高になります。

まだまだ保険が必要という年齢で保険料が数倍に跳ね上がることも珍しくないため、こんなはずではなかった、きいていないというクレームにつながりやすい部分でもあります。

ただ、この更新は、年齢が上がった状態で保険を改めて組みなおす形になるためにある程度保険料が上がるのは保険の性質上仕方がない部分でもあり、理解した上で加入する必要がある部分でもあります。

クレームが多いのは、やはり加入時の保険会社担当の説明不足であったり、理解しないままに加入してしまう被保険者側の問題だったりもあるのでしょうが、高額な金額につながる保険なのでしっかり理解をしてから加入しなければ納得いかない事態にもなりうるということです。

もし更新時に高くなるのが嫌ならば、そもそも定期保険に加入するのではなく終身保険でもいいわけです。

もちろん保険の意味を理解していれば、もっとも必要保障額が大きくなる時期の万が一に備えるのであればやはり定期保険の方がその役割を果たしてくれるとわかると思いますが、ここは考え方次第です。

更新時に受け取れる保険金額をそのままで保険を組もうとするから保険料が跳ね上がるのであって、更新時には子どもが独立をするなど、それまで必要だった保険金額が必要なくなっていることもあると思います。その場合は受け取れる保険金額を見直して金額を下げればその分もちろん保険料も下がります。

そうすると保険料はある程度据え置きで保険を更新することもできる場合もあります。

そのままの保険金でそのまま更新しようと思えば、年齢が上がった状態では保険料も高くなるのは当然なのです。

「更新」の意味を正しく理解して、正しく更新を実施するようにしましょう。

 - 保険あれこれコラム