初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

個人年金保険料は生命保険料とは別に所得控除される

      2014/06/07

個人年金保険に加入した際に、保険とはまったく別の点で有利になる点があります。

それは毎年、支払った個人年金保険料に応じて所得控除を受けることが出来るという点です。

元来、生命保険料控除は、生命保険控除と個人年金保険控除の二種類でしたが、平成22年度の税制改正において「生命保険料控除」、「介護医療保険料控除」、「個人年金保険料控除」の三分類となり、それぞれの分類で控除を受けることができるようになっています。

平成24年1月1日以降に締結した保険に関しては上記の新制度が適用され、それ以前に契約された保険に関しては旧来の保険控除が適用されます。平成23年12月31日以前の控除は、介護医療保険料控除が生命保険料控除と同じようにみなされており、別の分類とはされていませんでした。ただ個人年金保険料控除については、元から生命保険料控除とは別になっています。

それぞれ控除の金額の出し方は割愛しますが、この保険料控除があるがゆえに、個人年金保険はそれだけで活用する意味があるとも言えます。加入している場合は年末調整、確定申告時にはしっかり忘れないようにしましょう。

年金保険料控除に関しては、基本的に積み立てていったお金を年金として受け取る仕組みであるため、ローリスクで利用することができます。もちろん貯蓄目的かつ運用益を考えると、ローリターンであるために金融商品としての旨味は少なくなっています。ただ、リスクを負わずに貯蓄していけるという点、自発的に貯蓄していくのが苦手な人などには特に向いているかもしれません。

普通に貯蓄していくよりも、上記に挙げた保険料控除などで多少なりともメリットはありますし、低リスクということもあり、ある程度の余裕がある場合は貯蓄代わりとして、老後の生活に対するある程度の保障として活用するのもいいかもしれません。

 - 保険の種類